至れり尽くせり!D.U.O.ザ クレンジングバームは超優れもの

D.U.O.ザ クレンジングバームは界面活性剤を使用していない新しいクレンジングでナノマトリクス構造という技術でしっかり汚れを落とせます!そんな話題で優れものD.U.O.ザ クレンジングバームを試してみませんか? - 美白を目的とした洗顔石鹸の選び方と使い方

美白を目的とした洗顔石鹸の選び方と使い方

お肌を白くしたい、そういう願望は、なくならないのかもしれません。もちろん専用の化粧品もありますが、まずは日々のお手入れに気を配るべきでしょう。例えば美白を目的とした洗顔石鹸を使ってみませんか。

美白とは

ここで言う美白とは、色黒の肌を真っ白にすることではありません。しみやくすみなどを取り除く、もしくは予防することです。

そもそもしみとは、お肌にメラニンが沈着し、それが残ってしまう状態です。その根本原因は、紫外線です。一方で新陳代謝が衰えしみが消えにくくなってしまうことも大きな要因です。

またくすみとは、明確な定義はありませんが、お肌のつや、透明感が失われることです。主な原因は、紫外線もありますが、毛穴の汚れ、血行不良、かさつき、しわなどもあります。

1日2回、洗顔を続けてみましょう

美白を目的とした洗顔石鹸には、どんなものがあるでしょうか。成分的に考えると、第一に洗顔機能があるものです。つまり毛穴のよごれなどを取り除くことです。

具体的には、古い角質を落としてくれるピーリング石鹸、また粒子が細かくミネラル分に富んだクレイ石鹸や海泥石鹸などがあります。

一方で美白成分はプラセンタ、ハイドロキノン、その誘導体であるアルブチン、そしてビタミンC誘導体などがあります。

こうした成分を含む美肌系の洗顔石鹸を使って朝晩の1日2回、ゆっくりと時間をかけて洗顔しましょう。

これらの石鹸には保湿効果もありますが、それでも化粧水などで保湿を心掛けましょう。より効果はアップします。

なお美白系の洗顔石鹸に即効性はありません。毎日続けることが大切です。