至れり尽くせり!D.U.O.ザ クレンジングバームは超優れもの

D.U.O.ザ クレンジングバームは界面活性剤を使用していない新しいクレンジングでナノマトリクス構造という技術でしっかり汚れを落とせます!そんな話題で優れものD.U.O.ザ クレンジングバームを試してみませんか? - ゴシゴシ洗うだけが洗顔のコツではない!

ゴシゴシ洗うだけが洗顔のコツではない!

n4tivqvckreppzy洗顔と言っても、ただ闇雲にゴシゴシ顔を洗うだけでは汚れを落とせません。
しっかりとコツを掴んで洗顔してこそ、肌に付着した汚れを撃退出来るんですよ。

■ぬるま湯や水で汚れを洗い流す
洗顔石鹸を使う前に、ぬるま湯や水で顔を洗ってある程度汚れを洗い流しておくと良いでしょう。
一度お湯や水だけで顔を洗っておいた方が洗顔石鹸の効果を引き出せるので、このやり方はとてもオススメです。
ただし、あまり手でゴシゴシこすりすぎると肌に良くないので、ほどほどに洗い流すだけで十分です。

■鼻の周りは徹底的に洗おう!
洗顔石鹸で徹底的に洗い流したい箇所は鼻の周りです。
鼻の周りは油がとても多く、常に鼻の油が気になるという人も少なくありません。
とにかく鼻は油が溜まりやすい箇所なので、洗顔石鹸で徹底的に洗うと良いでしょう。
もちろん大雑把に力強く洗うのではなく、皮膚の全ての面に泡が染みこむように丁寧に洗うのがコツです。

■洗い流し方もコツがある
泡を洗い流す時は、最低でも20回くらいすすぐのがコツです。
洗顔をした時は石鹸のカスが皮膚に残ってしまうのですが、大体20回すすげば石鹸のカスを完全に落とせます。
もちろん手でゴシゴシと何回もすすぐ行為は肌にあまり良くないので、20回を大きく上回らないように気をつけて下さい。

■洗顔後のケアも大事
濡れた後の髪や肌をタオルでゴシゴシ洗う行為は、ただ肌や髪にダメージを与えるだけです。
髪にしても肌にしても、洗った後はタオルで優しく叩くように拭くのがコツ。
そして拭いた後は化粧水などで保温して、洗顔後のケアを忘れずに行って下さい。
とにかく洗顔石鹸で洗顔するコツは優しく丁寧に、汚れやすい所は徹底的に、そして洗顔後のケアを欠かさずにする事なんです。