至れり尽くせり!D.U.O.ザ クレンジングバームは超優れもの

D.U.O.ザ クレンジングバームは界面活性剤を使用していない新しいクレンジングでナノマトリクス構造という技術でしっかり汚れを落とせます!そんな話題で優れものD.U.O.ザ クレンジングバームを試してみませんか? - 洗顔石鹸を手で泡立てる方法

洗顔石鹸を手で泡立てる方法

nit472twvsdcphe洗顔石鹸を手で泡立てるには、それなりのコツが必要になります。
特に泡立てる過程を間違えるとなかなか泡立たないので、しっかりと過程を踏んで泡立てるのがポイントです。

■ただ手を動かすだけじゃダメ!
洗顔石鹸を泡立てる時は、もちろん指をくるくるさせてどんどん泡を作っていきます。
しかし闇雲に手を動かすだけでは一向に泡は作れませんから、お湯を少し足しながら手を動かす必要があります。
このようにお湯を含んだ指で石鹸を泡立てるのが、正しい泡立て方となります。
手間はかかりますが、お湯を含んでないと大きな泡が作れないので、時間をかけてしっかりお湯を含んだ指で泡を作りましょう。

■お湯の温度を調節しよう!
お湯の温度は30度から35度くらいが適切で、これ以上高くなると洗顔する際に乾燥の原因になります。
また、低すぎる場合は泡立ちが悪くなり、どんなに指を動かしても泡は出来ません。
お湯の温度を間違うと最初から躓いてしまうので、温度は十分に調節しましょう。

■指先を使うのがコツ!
指で洗顔石鹸を泡立てると言っても、指のお腹でこすってもなかなかきめ細かい泡になりません。
コツは指先でくるくると円を描くようにする事で、泡立ちを良くするためにしっかりと指先に石鹸を付けて下さい。
手のひら全体でゴシゴシと石鹸をこするようなやり方だと泡立ちが悪くなるので十分に注意しましょうね。

■泡を潰すのが大事
せっかく出来た泡を潰すのはもったいない気もしますが、泡を潰すのは手で泡を作る上で一番大事な過程です。
泡立てている時は空気に粒子が入る事で皮膚が刺激されてしまうので、これが一度泡を潰す理由。
ちゃんと泡を潰してもう一度かき集めれば、大きくてきめ細かい泡になるんですよ。